×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名古屋地方裁判所平成20()1611号 国家賠償等請求事件

原 告 

被 告    名古屋市 他6

当事者照会書

平成2069

被告訴訟代理人弁護士 林 肇 殿

    〒452-0803 愛知県名古屋市西区大野木4-90

           原 告   

                 電話

                 FAX 同 上 

 原告は、被告に対し、民事訴訟法163条に基づき、下記のとおり当事者照会を行う。

    記

1    照会事項

  被告森さゆ里が、給食調理員より用務員に配置転換された背景および合理的な理由。加えて、採用の際に給食調理員と用務員の採用試験に関して試験内容等(クラスわけなどを含む)分けられていたか否か。

通勤に使用している車両の車名、色、ナンバー、玉川小学校における車通勤をしているほかの通勤者が同型同色の車両を利用しているかどうか。

および原告より以前に嘱託用務員として雇用されていた人物の住所、氏名、連絡先。

 

2    照会の必要性

 当該事件の異常な労働環境を作った責任の所在を明らかにするため。 

実際に定義されている仕事をしているかどうか明らかにするため。

被害者として存在している人物の一人であり、被告森さゆ里の異常さを立証するため。

3    回答期間      平成20624日まで