×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成20()1611号 国家賠償等請求事件

原告 

被告 名 古 屋 市

   岡 田 大

   各 務 憲 一

   堀 出 篤

   西 村 富美雄

   森 さゆ

 

訴状訂正申立書

平成20416

名古屋地方裁判所民事第一部 御中

原告   

 

 頭書の事件につき、原告は、次のとおり、訴状を訂正いたします。

申し立ての趣旨および理由

1   請求の趣旨第1項、第2項を併合し、第1項中「主位的な請求として」、第2項中「予備的な請求として」を削除訂正し、第1項を「原告に対し、被告 名古屋市、岡田 大、各務 憲一、堀出 篤、西村 富美雄、森 さゆ里は、連帯して300万円の金員を支払え。」とする。

2   上記訂正に伴い、第3項を第2項とし、本文中「被告」を「被告ら」と訂正する。